スタンダード締結部品|ボサード株式会社は、自動在庫管理システム「スマートビン」とネジの専門会社

商品紹介

スタンダード締結部品

自動車や建築、電子部品など、あらゆる製品の部品に使用されているネジ。
JIS規格を始め各規格、メーカー規格など、様々な材質・形状・寸法のねじを約何十万点取り扱っております。
「こういうネジを探している」「今使っているネジに不満がある」など、ねじに関することなら何でもお聞かせください。
豊富なねじの種類を扱っているボサードなら、お客様が探している締結部品が必ず見つかります。注文数や納期に関しても柔軟に対応いたします。
掲載している商品は、ほんの一部です。まずはご相談ください。
お問合せフォーム

ナット

六角ナットは周囲が六角形で中央に雌ねじをタップした締結や固定に利用される機械要素です。
ねじ締結は雄ねじを雌ねじに捻じ込むことで対象物を固定・締結します。
母材に雌ねじをタップできない場合や貫通穴(バカ穴)を利用する際にねじ・ボルト(雄ねじ)と組み合わせる雌ねじをナットと呼び、六角形の六角ナットが代表的な形状です。

ドリルねじ

下地鋼板に取付部材を止める締結材として建築現場や金属製品の組立などに幅広く用いられています。
ねじの先端部にドリル刃を形成。タッピンねじが下穴を必要とするのに対し、取付部材や下地材の穴あけ・タップ立て(めねじ加工)・締結をねじ一本で行えるため、下穴も不要で工具や工程を省略でき作業性が大きく向上します。
ねじの呼び径・呼び長さを選定するには締結板厚を適用板厚以下にし、最大働き長さを考慮します。先端のテーパー部を含まないドリルの刃先の長さが適応板厚の目安となり、一般に最大働き長さは下地材より完全に突き出たねじ山3ピッチ分の長さを除いた有効な締結長さとします。

組込みねじ

ねじの製造の工程の工夫で組込みねじ(セムス)は作られます。
ヘッダー加工で成型したブランク(ねじ山のないねじ、「ねじ下」とも)に転造工程の前に座金を組み込みます。転造後ねじの山径は太くなり座金は外れません。組込みの手間もなく作業能率が上がります。

手締めねじ

手で簡単に締付ける事のできるつまみ付きのねじ・ボルトです。
食品機械・医療機器・工作機械・農業機械・照明器具その他脱着の繰り返しが多い締め付け強度が不要な場所で使用されています。

止め輪・ピン 

止め輪-部品の固定の他、位置決めや抜け止めにも使用されます。
ピン-機械や治具などの各接続部材へリーマ穴を設けて打ち込み、固定や位置決め用として使います。

このページの先頭へ
締結技術分野における、プロフェッショナルとしての自覚。

ボサードでは、商品力・提案力・管理力を生かし、お客様に高品質な締結部品をご提供しております。

ボサードの強みをご紹介いたします
  • 会社案内
  • 品質管理・環境への取り組み
  • サプライヤー募集
  • 採用情報
ボサード自動在庫管理システム「SmartBin」とは?その魅力をご紹介いたします。
もっと詳しく見る
  • ボサード自動在庫管理システム「スマートビン」
  • e-book
  • Youtubeチャンネル
  • note
  • LinkedIn