ボサード株式会社は、自動在庫管理システム「スマートビン」で在庫管理・資材管理のコスト削減をご提案。

自動在庫管理システム・スマートビン

自動在庫管理システム・スマートビンならBOSSARD(ホーム) > 自動在庫管理システム・スマートビン

Bossard(ボサード株式会社)開発のSmartBin(スマートビン)

SmartBin

大量の製品を取り扱う企業にとって、在庫管理は手間やコストが非常にかかる作業です。人の目で全ての製品を管理するのは至難の業。どうしても在庫切れや発注忘れといったミスが起きてしまいます。

こうした問題を解決するためにBossard(ボサード株式会社)が開発したシステムが、SmartBin(スマートビン)です。
スマートビンは、全製品の在庫量を自動で計測し、在庫の補充を行う、当社開発のシステムです。

ボサード・スマートビン(Bossard Smart-Bin)
ボサード・スマートビン(Bossard Smart-Bin)

右記のようなサイクルの中で、重量を測定するセンサーにつながったコンテナ内の製品が最低在庫量になると、事前に設定された数量の注文を自動的にお客様にお知らせします。
スマートビンを導入していれば、在庫切れや発注忘れを未然に防ぐことが可能です。その他にも、スマートビンには様々なメリットがあります。

SmartBin(スマートビン)を導入するメリット

SmartBin
在庫量の適正化

最低在庫量になったら補充されるシステムのため、在庫量を適正に管理できます。また、材料・資材の動きを数値で見ることができるため、不動在庫の把握も可能になります。

在庫管理および発注管理コストの低減

在庫管理だけでなく、発注も自動でしてくれるため、人の目で随時在庫を確認する必要がなくなります。棚卸しも容易になるため、手間や時間を大幅に削減できます。

ライン停止のリスク低減

生産ラインの停止は非常に大きなリスクです。スマートビンを導入することで、在庫を切らすことがなくなるため、ラインストップのリスクも大幅に低減します。

倉庫スペースの有効活用

スマートビンによって、適正な在庫量を保てるため、倉庫に無駄なスペースが生まれません。「必要な商品を必要な分だけ」保管し、空いたスペースを有効活用できます。

人的コストおよびリスクの低減

スマートビンは、自動で在庫・発注を管理するため、今まで在庫管理業務にかかっていた人的コストを低減します。さらに発注忘れといったミスを防げる点も強みです。

ネジ自体の価格を削減しても、トータルコストダウンは厳しいのが現実です

どの企業でも叶えたい課題のひとつに「コストダウン」があります。実はボサードが取り扱うネジをはじめとした締結部品の材料費は、トータルコストにおいて15%を占めます。では、残り85%は何が占めているかというと、物流や管理にかかるコストなのです。そこで当社では、85%を占める物流や管理にかかるコストを削減できるシステムとして、「SmartBin(スマートビン)」を開発しました。さらに、通常のスマートビン以外にも、ボサード2ビン(Bossard 2Bin)およびボサード・コード(Bossard Code)を駆使して、お客様のご要望に柔軟に対応してまいります。

ボサード2ビン(Bossard 2Bin)
ボサード2ビン(Bossard 2Bin)

それぞれの製品に対して、カンバン棚の上に少なくとも2個のコンテナがあるパターンです。ボサードでは、注文に対応している空のコンテナを定期的に集めます。空のコンテナはバーコードによって識別されており、自動的に発注されます。もちろん、出荷前にはお客様の同意をいただきますので、ご安心ください。

ボサード・コード(Bossard Code)
ボサード・コード(Bossard Code)

ボサードに関連する情報が記録されたバーコードを用いて注文を行うパターンです。お客様が特殊な装置で読み取ったデータをボサードに送っていただく形となります。

このようにスマートビンは、お客様のご要望に応じて、柔軟に対応できるシステムです。ぜひ、実際にSmartBin(スマートビン)を導入されたお客様の声とケーススタディーをご覧いただき、導入をご検討ください。

このページの先頭へ

自動在庫管理システム・SmartBin(スマートビン)紹介動画

このページの先頭へ

導入事例

大阪府 M社様の場合
導入事例

当社では、顧客の注文に応じたスペシャルマシンを組み立てる際に数百種類のネジを使用しています。これまではそれらを人力で管理していたため、日々の発注や毎月末の棚卸しに相当な時間を要していました。しかし、スマートビンを導入してからは、数百種のネジを自動で一括管理してくれるため、手間を大幅に軽減することができました。人的ミスも軽減することができて、スペシャルマシン自体の品質向上にもつながっています。

広島県 T社様の場合
導入事例

これまではネジの管理を社内のスタッフが各々行っていました。しかし、それでは在庫を正確に把握できず、棚卸しにも時間がかかってしまい、困っていました。そこで、スマートビンを導入したところ、状況は一変。在庫管理・発注を一元化できるようになり、業務効率が大幅に向上しました。さらに不動在庫も把握できたため、在庫の見直しにもつながり、倉庫スペースの有効活用にも役立ちました。

このページの先頭へ

ケーススタディー

「商品数は豊富に取り揃えているのに、よく使う商品に限って品切れ…」
ケーススタディー

皆様が自社の倉庫を見て、「商品数が多いから大丈夫」と思われているのなら、一度在庫をしっかりとご確認ください。重要なのは、商品の数ではなく、商品の種類です。いくら1つの商品を1万個持っていても、よく使う商品が1つもなければ意味がありません。

在庫量を適正化してくれるスマートビンなら、必要な商品を必要な数だけ保管することができますので、「肝心な商品が品切れ」という事態も防ぐことができます。

「コスト削減のために安価なネジに変えたけど、品質の低下をお客様に指摘された…」
ケーススタディー

不景気といわれる現在、コスト削減はどの企業にとっても必須課題です。しかし、目先のコスト削減のために品質自体を落としてしまっては逆効果です。

そうではなく、ネジなどの締結部品でコストダウンを望むなら、トータルコストの85%を占める物流や管理にかかるコストを削減する方が効果的です。自動管理発注システムにより、手間や人的コストを削減できるスマートビンを導入すれば、品質を落とすことなく、コストダウンへとつなげることが可能です。

このページの先頭へ
締結技術分野における、プロフェッショナルとしての自覚。

ボサードでは、商品力・提案力・管理力を生かし、お客様に高品質な締結部品をご提供しております。

ボサードの強みをご紹介いたします
  • 会社案内
  • 品質管理・環境への取り組み
  • サプライヤー募集
  • 採用情報
ボサード自動在庫管理システム「SmartBin」とは?その魅力をご紹介いたします。
もっと詳しく見る
  • ボサード自動在庫管理システム「スマートビン」
  • e-book
  • Youtubeチャンネル